妊活と生理痛

現代女性の9割以上が、生理痛を体験しているというデータがあります。生理のときには、生理痛は当たり前のことだと思っていませんか?

 

鎮痛剤を使用している女性も多く、一時的に痛みがしのげれば問題ないと考えている女性がほとんどのようです。しかし、生理痛を感じるというのは、実は異常なことなのです。

 

生理痛が不妊症につながることも

 

生理のときには生理痛を感じるのが当然と思っている女性でも、もちろんいつでも来いと思っているわけではありません。

 

毎月何とか早く切り抜けたいと思い、対策している人もいます。その一方で、生理なんだから痛みが起こって当たり前と自然に思っている人がほとんどなのも事実です。

 

重い生理痛で婦人科に通う人もいるように、生理痛はほんのわずかでも普通のことではありません。悪化してくれば、不妊症につながることも珍しくはないのです。生理痛に隠れた病気があるにもかかわらず、検診を受ける人が少ないことも問題となっています。

 

生理痛があるだけで、月経困難症

 

痛みの多少にかかわらず、生理痛は月経困難症という病気だといいます。病気が潜んでいる場合と、病気ではないものの一時的に生理痛などの体調不良が起こる場合があります。

 

そのいずれも、通常の現象とはいえません。なぜなら、出産をしたことにより体のリズムが整って、生理痛が全くなくなったという女性もいるからです。

 

妊活して将来の妊娠に備えたいという人なら、なおさら生理痛を改善する対策をとる必要があります。まずは、生理痛がどのような状態で起こるのか、病気の心配はないのかを知るために、基礎体温を計る習慣をつけたり、定期的名婦人科検診を受けるようにしましょう。