妊活と不妊治療

妊活をしている人の中には、不妊症の女性もいます。女性だけでなく、ご夫婦のどちらかに問題があって妊娠できない場合もあります。

 

不妊治療は病院で行われることですが、実は不妊治療を正しく受けていない人も多いようです。

 

不妊症の検査

 

婦人科検診を定期的に受けている人は、女性としての自分の体が正常かどうか、妊娠できる体なのかどうかがわかります。

 

病気のあるなしにかかわらず、女性としてのリズムが整っているかどうかは健康状態に非常に大きく影響してきます。

 

もしも不妊が疑われる場合には、不妊症の検査が行われます。ホルモンバランス、排卵、生殖系の異常について女性側に検査が行われるほか、男性側の精子量や生殖系にも検査があります。

 

不妊症の原因は女性だけにあるとは限らず、男性にも同じくらいのリスクがあるといいます。このため、不妊症が疑われたら、ご夫婦で検査を受けるのが一般的です。

 

これも、妊活のステップの一つだと理解しておきましょう。

 

不妊症の治療

 

不妊症の治療の主な方法は、女性なら排卵誘発剤を処方されるなどです。定期的に投薬を繰り返すことで、妊娠をする女性も多いとされています。

 

しかし、医薬品には副作用があり、体に負担がかかってしまいます。もしも不妊症の治療が正しく行われなかったり、早期に対策がとられていなければ、後悔する結果になることもあります。

 

不妊症のご夫婦にとっては、一人の子供を授かるだけでも奇跡のようなことでしょう。しかし、一人めを無事出産できたら、二人めが欲しくなるご夫婦も少なくないそうです。

 

二人め以降のお子さんを作るためにも、不妊治療は専門の病院で早めに受けることが重要です。婦人科の中にも、不妊治療の疎い病院があることを覚えておきましょう。