まつげ美容液の注意

少し前に、あるまつげ美容液を使うと失明するという噂が飛び交いました。この噂自体はデマだったようですが、実は問題とされたまつげ美容液の中にはまぶたや視神経に刺激を与える可能性のある成分が含まれていたようです。

 

別の眼病治療に使う成分が入っていたので、まつげやまぶたに触れると危険があるということだったのでしょう。実際に失明した人などいなかったわけですが、とばっちりを受けたまつげ美容液も少なくないかもしれません。ただ、こうした噂が表ざたになったことで、まつげ美容液業界が一層の安全性に取り組んでくれたなら消費者としては御の字ですね。

 

低刺激の商品を選ぶ
デマが流れたまつげ美容液には、刺激の強い成分が含まれていることがわかりました。多くの人には問題ないことでも、特に刺激に弱い肌の人には重要な問題かもしれませんね。

 

自分の肌や毛質にあったまつげ美容液を選ぶことは、大事です。敏感な体質の人なら、低刺激の商品を選んでください。また、使う前には必ずパッチテストをして、他の部分で安全なことを試すようにしましょう。

 

ブラシは衛生的に
まつげ美容液を必要以上につけすぎないということも大切ですが、つけるときに使うブラシの類を清潔に保っておくことも重要です。メイク汚れの残り、皮脂などが付着すると、そこから空気中の細菌が触れて何らかの反応が起こる可能性もあります。

 

最低限、ブラシを出したままで放置しておくというようなことはやめましょう。心配であれば、毎回使い捨ての綿棒を使用するというのも一つの方法です。万が一何かトラブルが起こったら、使うのを止めて皮膚科や眼科に行くことをおすすめします。