高齢出産はリスクが高い!

 

医療も進歩して、高齢出産をする先輩女性も多い時代、まだまだ妊娠には余裕があると考える女性は多いようです。

 

自然に出来たときに産めば良いとぼんやり考えている女性も、少なくないといいます。現代の女性は仕事もプライベートも充実させるのが当たり前、そのためには出産や育児はギリギリまで伸ばすというケースが増えているのです。

 

しかし、実際のところ、今も昔も妊娠適齢期の範囲は変わっていないそうです。女性のガンバリ度がアップしただけで、実は妊活と年齢には大きな関係があるのです。

 

妊娠適齢期は、30代まで

 

40代になっても余裕で出産できると思っている女性は、たくさんいます。なぜこのような考えを持つ女性が増えてきたのかというと、女優さんやモデル三などの女性芸能人で高齢出産をしている人が多くなったからでしょう。

 

芸能人は一般女性と違い、出会いを結婚につなげることが難しいものでした。そのため、婚期が遅れて出産する時期がギリギリになってしまう女性が増えたのです。

 

ちょうど女性の社会進出が目立つようになってきた時代ですから、40代で出産を終えてもまだまだ芸能界の一線で活躍したいと頑張る女性が注目されました。

 

しかし、実際には子供にも自分にもご主人にもある程度の犠牲を強いている場合が多いはずです。表面的な美しさだけを見て憧れていても、実際に自分が高齢出産をするとなるといかに心身に負担がかかるのかを実感します。

 

それでも産んでよかったことに違いはないと思う人がほとんどですが、やはり若いうちに産んでおけばよかったと後悔するのも事実だといいます。

 

女性ホルモンの分泌から考えても、妊娠適齢期は30代半ばまでと考えておくのが妥当です。これ以降は、何かと問題を抱えるリスクが増えることを予測しておいたほうがよいのです。

 

無事出産できるのは、奇跡

 

妊娠すれば、誰でも無事に出産できるのが普通と考えている人が多数です。しかし、無事に妊娠期を終えて出産できるのは、奇跡のようなことです。

 

それだけ女性の体に負担も多く、一人の人間を体の中で育てて出産する重みが、妊娠出産を経てわかります。できるだけトラブルのリスクを防いで妊娠出産するためにも、妊活を行うことは大切です。

 

妊活を始める理由

 

妊活とは、妊娠したい女性が積極的に活動することです。

 

婚活という言葉や行動が流行り、一般に広く普及しましたが、妊活も女性の人生の一部として取り組む人が増えています。

 

妊娠だけが目的ではない

 

妊活の目的は妊娠ですが、それによって得られる成果は妊娠以外にもあります。つまり、妊娠を目的としない人でも、妊活を意識することによって女性ならではの健康をキープすることにつなげられるのです。

 

妊活というと、イコール不妊治療のように考えている人もいるかもしれません。もちろん不妊治療も妊活の一部ですが、将来子供を持ちたいと漠然とでも考えている女性なら、積極的に妊活をすることでさまざまなメリットを得られるのです。

 

女性としてイキイキと生きていきたいという方は、妊活についてもっと知ってみてはいかがでしょうか。

 

いざとなってからでは遅いことも

 

自分が健康だと思っている女性は、妊娠なんていつでも出来ると考えているかもしれません。しかし、漫然と時を過ごしているうちに、女性の体は出産適齢期を過ぎてしまいます。

 

高齢でも出産する人がたくさんいると思うかもしれませんが、高齢出産は昔も今も女性の体に多大な負担をかけます。頭で考えているような覚悟ではすまないことを覚えておきましょう。

 

また、人によっては、そろそろ妊活の具体的な行動をしようと思った矢先に、妊娠できなくなっていたことを知る人もいます。それほど妊娠に積極的ではなかった女性でも、病院で妊娠や出産はあきらめてくださいと言われるのは性を否定されたような衝撃を受けるものです。

 

あまりガツガツしたくないという場合でも、婚活と同じように妊活もしてみるだけのメリットが多いことがわかるでしょう。また、妊活することで女性の体のリズムが整い、女性らしく美しい体と心を養うことができるのもメリットです。

高齢出産と不妊の関係

 

社会で働く女性が増えたことによって、高齢妊娠や高齢出産を擦る人がお手も多くなりました。現在のところ、妊婦全体で見ると1割の人は35歳以上の高齢出産だといわれているほどです。

 

高齢出産をしたいと思っていても、絶対に妊娠をすることが出来るとは限りません。高齢出産をするとなると、まず妊娠をするという問題を乗り越えていかなくてはなりません。高齢になればなるほど卵子の質を落とさず妊娠力を維持することが大切です。参考:卵子の質を上げる方法ある?おすすめは○○!

 

そもそも女性というのは何歳まで妊娠をすることが可能になっているのでしょうか?医学の観点から見ると、33歳以降、徐々に妊娠できる能力が下がりだしてくるといわれています。体外受精を統計的に見ると、33歳以降は体外受精の成功率が下がることから、33歳から妊娠しにくくなっていくと考えら得れているのです。

 

女性全体で見ると、25歳の女性で妊娠しづらい人は3.5%といわれています。そして、35歳になると11%の人が妊娠しづらく、40歳になると33%に跳ね上がります。50歳を超えると、妊娠しづらくなってしまう人が全体の9割ほどになってしまうのです。ですから、50歳という年齢が実質上妊娠できる限界年齢だと考えるように指定医のではないかと思います。

 

これまで50歳以上でも妊娠をしたり出産をしたというケースは少なからずありますが、妊娠・出産できる可能性というのは非常に低いですし、年齢が高くなるほどリスクも大きくなっていくことになります。

 

また、不妊が高齢出産の妨げになってしまうということも多いです。健康なペアの場合、性行為を排卵日に行った場合、35歳未満で20%〜25%の確率で妊娠を擦るといわれているのですが、35歳から40歳の倍は10%〜15%に下がるといわれています。そして、40代後半の場合は妊娠する確率は4%になってしまうのです。

 

このように年齢を重ねるほど、妊娠できる可能性はどんどん低下してしまうのです。高齢になるにつれて、女性の卵子も卵巣も衰えていきます。それに子宮筋腫や婦人病を発症する確率も上昇してしまうのです。

 

それに、女性の体というのは、30代後半でも出産をしたことがない場合、だんだん卵巣が縮小されていき、妊娠する確率が下がってしまうという説もあるのです。高齢出産だからといって、母子ともに健康に出産をすることが出来る人もいるのですが、全員がそうではないということは覚悟をしておかなくてはならないのです。

 

若かった頃は、妊娠しないように意識をしていたという人も多いですから、そこまで妊娠や出産がどれほどすばらしいことなのかを考えていなかった人もいるのではないでしょうか?ですが、妊娠をしたいと思った頃には、不妊の状態になってしまって、妊娠しにくくなってしまうことも多いのです。

 

妊娠をなかなかしない原因というのはいくつか考えることが出来ます。例えば、若い頃と比べると夫婦の営みも少なくなってしまい、妊娠するチャンスが減ってしまうということも多いです。このような場合は、まずは夫婦の絆を深めるようにコミュニケーションを図ったりして、性生活を確保することが大切になるのではないでしょうか?

 

また、思ったように妊娠しないとしても、ストレスを感じてしまうと余計妊娠しなくなりますので、こまめに気晴らしなどをすることも大切です。

更新情報・お知らせ

(2015/08/31)
バストが大きくならない原因はなに?を更新しました
(2015/03/20)
妊活を始めるタイミングを更新しました
(2015/03/20)
妊活と不妊治療を更新しました
(2015/03/20)
妊活と婦人科検診を更新しました
(2015/03/20)
妊活と生理痛を更新しました